アークエアガウジング

ガウジング工法は金属構造物の溶接部分に欠陥が生じた場合に欠陥部分を取り除く目的で行われます。

また、完全溶け込み溶接において重要な作業になります。溶接した金属構造物と溶接棒の間にアークを発生させ、

放電によって溶融した金属をエアーで吹き飛ばしU字型の溝を掘ることができます。

主に、溶け込み不良が多い溶接大一層部分に使用されます。

ステンレス等の母材に対しても悪影響が少なく、広範囲に行われる工法です。