9%Ni鋼曲げ加工・溶接

9%Ni(ニッケル)鋼は低温靭性に優れ、LNGを貯留する為に必要な-162℃以下の温度域に対しても非常に効果的な性能を発揮します。
今までは陸上のLNG貯留サテライト基地等で使用されてきましたが、近年では船舶燃料が重油からLNGに転換されることを踏まえ、9%Ni鋼が積極的に採用されています。
しかし、そこまで厳しい環境で使用されることを想定された材料・材質である為、曲げ加工・溶接に関してはノウハウが必要です。
必要材料の算出から、独自のプレス技術での高精度な曲げ加工、確立された製品組立、9%Ni鋼の溶接技術で必ずお客様の満足に応えます。
他社ではできないを突き詰め、9%Ni鋼のような一筋縄ではいかない材質に対しても「どうすればできるか」を最大限に考え、対応していく。
それが厚板プレス工業です。