浸透探傷試験(PT)

浸透探傷検査とは非破壊検査の一種で、赤色や蛍光の浸透液を母材や溶接部に付着させることで目に見えない内部傷や割れ、溶接部のブローホール等の欠陥を検査することができます。

検査方法としては、母材の表面に付着している汚れをふき取り、浸透液を付着させて一定時間放置します。

その後、洗浄液をつけたウエスによって浸透液を除去し、現像剤を付着させて観察します。

欠陥がある部分には、浸透液(赤色、蛍光)が指示模様として現れます。

弊社では、溶剤除去性浸透探傷検査の資格保有者も在籍しておりますので、社内にて浸透探傷試験を行うことが可能です。