スピニング成形

スピニング成形~製缶完成品


 
 
 
材質:SM400B
板厚:9㎜
寸法:9t×1701/2105×R141×900H
工程:原寸展開~材料切断~円錐製作~SP曲げ加工~SR~切断
~仮組立て~溶接~RT検査~手入れ~寸法検査~納入迄
 
 
本製品は製鉄所などに使用される産業構造物の一部の製品です。
スピニング加工で製作した製品の一例となっております。
一度スピニング加工した製品を熱処理(応力除去)を行い、切断後、別のパーツを溶接で取り付け、楕円形状にしています。
スピニング加工にて成形した製品を切断する場合は一度、熱処理にて応力除去を行わないと、応力が端部に集中してしまっている為、
そのまま切断等を行うと、応力が解放されてしまい、切断した製品の形状が歪んでしまう可能性が大きい為です。
今回はお客様のご要望で溶接部端部の線長20%と十字クロス部の非破壊検査(RT検査)を受け、製作しております。
本製品のように曲げ加工以外に熱処理、非破壊検査も社弊社管理にて対応できますのでお客様の仕様に合わせた製品の加工を行うことが可能となっております。
今回の製品は伊賀工場での製作ですが、本社八尾工場には2500TONプレス機を含め汎用油圧プレス機を4基設備しているので、
厚板曲げ加工、金型を使用した3次元形状の曲げ加工の際には、ぜひお気軽にお問合せ下さい。