偏芯円錐(プレス加工)

偏芯円錐(プレス加工)

材質:SS400

板厚:9㎜

寸法:9t×φ400/φ795×739H

工程:原寸展開~材料切断~円錐製作~組立、溶接~フランジ取付~手入れ~寸法検査~納入迄

 

造船関係の設備に使われる一部の製品で、大径側と小径側の軸心がずれている特殊な円錐です。

弊社八尾工場にて二分割で曲げ加工を行った後に組立・溶接まで行いました。

曲げ加工のみでなく、円錐の製作からフランジの取り付けまで一貫して行う事が可能です。

全ての工程を弊社社内で対応することにより、お客様の所での組立・溶接の手間を省くだけでなく、

後工程をスムーズに進めることが可能です。

通常の円錐と違い、斜めに切り落としたような形状ですが、製作工程は変わらず、加工しております。

このような“偏芯円錐”は板厚が厚いものから薄板の加工まで各種色々な製品の製作した実績があります。

他社で断られてしまった、偏芯円錐がございましたら、是非とも当社へお声かけ下さい。